NO LIMIT

ランニングコーチ&トレイルランナーSaijoの活動日記。モットーは「限界は作らない。常にチャレンジ。」

奥武蔵ウルトラマラソン

昨年に引き続き、出場。

アップダウンの激しい林道でのウルトラマラソン。秋のレースに向けてはいい脚作りになる。今回ももちろん、トレーニングをかねての出場。体調を整えているわけでもなく、普段の走りをして、今現在の走力での起伏への対応をチェック。

標高が100mほどのスタート地点から折り返しが900m弱。細かなアップダウンを繰り返して走っていくわけで、本当にタフなコース。だからこそ、現在の対応力が把握できる。


ペースを上げることを考えず、淡々とレースを進めました。ラスト10キロ、ちょっと足のダメージ(疲労)が大きくなり、下りのペースが落ちる。まっ、これは覚悟していたこと。まだまだ下りを飛ばせる足はできていないかな。秋のレースまでの残りの期間でしっかり鍛えておこう。

 

今回は、ハンドボトル、アルトラのロードシューズを試す。

ハンドボトルは、慣れないと腕に疲労が出ますね。持つ手を変えながら走りましたが、後半は慣れて問題なし。エイドの多いトレイルレースでは、バックパック、ウエストバックを使わなくてよさそうで、今後、レースでの活用も増えるかと・・・。

アルトラのシューズはトゥーボックスが広いのとゼロドロップなので、走りは快適。特に上りは走りやすい(個人的にですが・・・。つま先のみで上れないときついかも・・・)。ただ、まだまだ慣れていないので、これから使って慣れないと・・・。

 

いろいろと収穫のあったレースでした。今後のトレーニングに関する方向性も見えてきましたし、ギアの使用感も分かりましたし、秋に向けて、また、いい準備が出来そうです。

 

<奥武蔵ウルトラマラソン

78キロ 6時間43分