NO LIMIT

ランニングコーチ&トレイルランナーSaijoの活動日記。モットーは「限界は作らない。常にチャレンジ。」

八ヶ岳スーパートレイルレース

レースから6日が過ぎた。レース後、ドタバタとしていたので、なかなか更新できなかったが、ようやく、ゆっくり振り返れるかな。

結果は、135キロの大河原峠でリタイア。

寒さにやられた感じ。しっかり着込んでいたが…。
悔しいが、これも結果。うまく次に活かさないと。

スタートから身体が重い。心拍数も、いつもより高い。これまでの連戦の疲れだろうか?最近のランニングでは、気にならなかったけど、レースというシビアな環境では、細かな身体の調子も影響する。回復してなかったようだ。

とにかくきつい。いつもの走りができず、前半から、リタイアする気持ちがこみ上げる。

第一関門で、サポートから声をかけられ、しっかり休んで、まずは、いけるところまで、と先に進む。なんとか身体も動いてきて、少し安心。

レースは、林道、ロードが多く、かなり下りのダメージが脚にかかる。慎重に走るが、やはり、これまでの疲労と重なり、身体が重い。得意の上りも、思うように走れず…。

松原湖八千穂レイクを過ぎ、レースの正念場、大河原峠への上りの林道。ここが全く身体が動かなかった。走ろうとするも、ちょっと走ったら歩きの連続から、最後は全て歩くことになってしまう。
この歩いている間に、どんどん身体が冷えてきた。必死に粘り、大河原峠へ。

ここで、立て直したく、そして、結果は、どうであれ、ゴールする気でいた。着込んで、サポートの車で1時間休んだが、震えが止まらない。

悩んだ挙句、リタイアを決めた。

胃の調子も悪くなかったし、疲労はあったけど、なんとか身体も動いたし、最後まで行きたかった。寒さに負けてしまったなあ。2093mの大河原峠はマイナス10度近くになったとのこと。
厳しいレースだった。

今回の失敗は、次にしっかり活かさねば…。

まずは、十分な休養を取って、次に備えよう。

春までは時間がある。みっちり鍛えよう。