NO LIMIT

ランニングコーチ&トレイルランナーSaijoの活動日記。モットーは「限界は作らない。常にチャレンジ。」

信越五岳2017

Shinetsu five mountain trail 2017
16th
9年目のチャレンジ、終わりました。
前半早々と木の根で横滑りをして、腕を強打。皮膚が裂け、深さ1.5cmほどのケガをしちゃいました(レース後、すぐに病院に行き、縫合しました)。

ケガした後は、かなり出血しましたので、頭がボーとなり、ペースを落とさざるを得ませんでしたが、止める、ということは一切考えなかったなぁ。
ケガしてから、アパのエイドまでがとにかくきつかった〜。

今年のペーサーは、一緒に活動している星野由香理ちゃん。最後までしっかり着いてきてくれました。自分の場合、速いランナーに引っ張ってもらうというよりは、自分のことを知っているということに重きを置いているので、気が楽だったし、最後まであーだ、こーだ話しながら走れたと思ってます。やはり、ウルトラトレイルは、旅ですね。

腕が時折ズキズキしましたが、それを忘れさせてくれるくらい、最後までプッシュできたと思います。その日にできる自分の走りはできました。

まだまだ課題はたくさん。きついけど、やはり、ウルトラトレイルは楽しいですね。

主催者、関係者の方々、大会に関係されたみなさん、台風接近で、いろいろな状況がある中、本当に深く感謝いたします。ありがとうございました。

サポートしていただいたAltraチームのみなさん、今年もありがとうございました。

来年10年目。まだまだチャレンジします。

あと2日

信越五岳まで、あと2日。
台風が接近中で、少し不安ではあるが、体調面は悪いわけじゃない。

心身整えて、現地へ行こう。

あと10日

久しぶりの投稿。
Western Statesが終わり、しばしリカバリーを取った後、次への準備。

信越五岳まで、あと10日。

100マイル、第1回。いろんな意味で楽しみ。

f:id:saijonote:20170906115124j:image

トレイルキャンプ

今日から3日間、斑尾高原にて、クラブのトレイルキャンプ。

秋のロングレースに向け、準備します。

WS100の疲労が回復しているわけではないので、のんびりと、無理せず。


f:id:saijonote:20170715082321j:image

Western States Endurance Run

Western States Endurance Run
First challenge
100.2mile 22th 21:38:39
I will come back again.

 f:id:saijonote:20170627031947j:image

 ずっと憧れていた夢の舞台。はじめてのWestern Statesは、自分にとって、非常に大きな経験を与えてくれた、記憶に残るレースとなった。

【前半】
AM5:00、スタートの号砲とともにスキー場のだらだらとした上りをRun&Walkで進む。約4km過ぎからは、Snowステージ。例年よりも雪が多いらしく、進むのに苦しむ。30km過ぎまで。雪がなくなったトレイルは、雪溶けの水で川状態、または、足首まで浸かる場所もあるぬかるみ。先のことも考え、とにかく、無理せず、安全走行。

スタートから3時間も過ぎると、気温も30度を越え始め、暑さとの勝負も加わる。エイドでは、アームウォーマーに氷を入れ、水を全身にかけ、身体を冷やす。

クルーと合流する、約30.3mileのRobinson flat。ここで飲み慣れたジェル、ドリンクを補充し、エイドで食料をしっかり食べ、身体を冷やし、先へ。所々でクルーに会えるのは、本当に心強かった。

【中盤】
ダブルトラックの走れるトレイルが増える。50km以上走っているため、身体の疲労と暑さがじわじわと。
とにかくマイペースを貫く。自分には、それしかできない。

中盤以降は、首の手ぬぐい、腕のアームウォーマーにエイド毎で氷を入れ、高温の影響を少しでも減らしながら走る。これが本当に効果があった。
暑さの影響でペースダウンするランナーもちらほら出てきた。

62mile、約100kmのForesthillへ。ここでPacer、全クルーと合流。US遠征のときに、いつも旅のお世話になっている藤岡正純さんにPacerをお願いした。おそらく、私の100mileレースの半分を見ている数少ない方だ。私にUSのトレイルランニングコミュニティを紹介してくれ、私のこのスポーツに対する進み方、取り組み方に自信をもたらしてくれ、多大な影響をくれた方。本当に一緒に走ってもらって、うれしかった。

【終盤】
藤岡さんと合流しても、リズムは変えず、淡々と。走りやすく、気持ちの良いトレイルが多く、順調に進む。
しかし、徐々にペースが落ち始める。

Rucky Chuckyを渡り、エイドに着き、クルーと談笑。ホッとしたのもつかの間。いざ出発すると、一気に疲労が吹き出してきた。これまでは走れた上りも歩きが混ざるようになり、下りも大腿四頭筋が悲鳴をあげ、下り一歩一歩が激痛。ここからが本当にきつかった。ゆっくりながらも止まらず、とにかく前へ前へ。

Pointed Rocks、最終エイドのひとつ前。あと5mile。もうゴールは目の前。しかし、身体は言うことを利かず、前へ進まない。これまで、後ろで私に檄をくれていた藤岡さんが無言で横へ。リズムを合わせてくれる。そこに会話はない。横にいてくれるだけで、ものすごく強いエールを感じる。脚は痛い。ひとりだったら、絶対歩いてた、止まってた。少しずつ、じわじわと前へ。「ついてこい。あきらめるな。行くぞ、みんなが待ってる」と背中が言っている。必死に、無心で、痛みとともにくらいつく。

Robie Point。最終エイド、あと、1.3mile。ロードを上りきり、住宅街へ入る。そこでクルーが待っててくれた。うれしかった。出場が決まったときは、サポート1名、ペーサー1名の計3人で戦おう、と考えてたのが、なんやかんや有志で現地まで来てくれて、最大8名。戻ってこれた。ゴールの陸上競技場へ。これまでの長い旅を噛み締めながら、仲間と一緒に無事にゴール。

力を出し切った。もう走れない。走りたくない。久しぶりに、満身創痍の100mile。タイムや順位に満足しているわけではないけど、それ以上に楽しかったし、得るものがたくさんあったレースだった。一生忘れられない。

2017年のWestern States challenge。家族をはじめ、本当にたくさんの仲間、友人、スポンサーのみなさんに支えていただきました。この場ではありますが、本当にありがとうございました。

もう次のことを考えてます。また新しいチャレンジのため、進んでいきます。

 

f:id:saijonote:20170627032050j:image

f:id:saijonote:20170627032112j:image

あと3週間

Western States 100まで、あと3週間。
イベント下見&打ち合わせのため、地元岩手県滞在。
業務の合間にしっかりトレーニング。

疲れた身体に海の幸をたっぷり入れました。

f:id:saijonote:20170603120947j:image

f:id:saijonote:20170603121007j:image

f:id:saijonote:20170603121248j:image

 

ゴールデンウィーク

Western States 100まで、残りわずか。

クラブの合宿を兼ねて、ハードなトレーニング。

f:id:saijonote:20170507111808j:image

f:id:saijonote:20170507111829j:image

しっかりリカバリー期間を設けて、最後の追い込みします。