NO LIMIT

ランニングコーチ&トレイルランナーSaijoの活動日記。モットーは「限界は作らない。常にチャレンジ。」

Road to Orcas

信越五岳が終わり、約1ヶ月。のんびりとやってきたが、そろそろ準備開始しよう。

 

まずは、じっくりベーストレーニング。それと、ウエイトトレーニングでフィジカル面の強化。時間をかけていこう。

 

[10/14]

10kmラン

坂200m×10(200m) HR150以上目安

信越五岳2019

信越五岳2019

100mile 24時間22分40秒

無事に完走。今年も多くの方々に支えていただき、走り切ることができた。

 

実は3週間前に、肉離れ。レース当日まで、治療に専念し、ノーラン。完走できるか、本当に不安だった。

痛みは前半出たけど、中盤からは違和感程度に変わる。終始我慢のレースだったなぁ。

 

最終調整で何もできず。足の痛みのためか力んでたのか、最後の最後は、もう力尽きて、林道なんて、相棒に今までで一番檄入れられたなぁ。

気心知れた仲間にサポート受け、ゴールまで足を進められた。本当に感謝。

 

細かな分析はじっくり自分で。

また来年!

#sfmt #trailrunning #altrarunning #patagonia #newhale

大雪山トレイルジャーニー

70km 9時間26分

f:id:saijonote:20190729085526j:image

前半(40キロ) 林道中心

後半(30キロ) 山岳エリア

f:id:saijonote:20190729085520j:image

 

前半と後半で全く異なるコースレイアウト。なかなか楽しいレースでした。

後半は、本当に苦しんだなぁ。前半より時間かかったし。

 

今取り組んでいるトレーニングの確認もできたし、収穫あり。

 

クラブメンバー5名と一緒に、旅してきました。

f:id:saijonote:20190729085553j:image

f:id:saijonote:20190729085556j:image

試走(のだ塩の道トレイル)

来月開催。のだ塩の道トレイルのコース試走。

距離20キロ。

 

昨年とほんのちょっとだけコース変更。

5月→8月

に開催時期を変えた影響もあるけど、直前の草刈りが大変そう。まっ、この時期だし、仕方がないんだけど。

 

コース最高地点、和佐羅比山山頂からの景色は、やはり海が見えていい。

f:id:saijonote:20190702224846j:image

野田村

今日から4日間滞在。

来月開催の「のだ塩の道トレイル」の事前準備。

大正時代初期、つまり、100年前までに使われていた道を未来につなげるための活動。

自分一代だけじゃ絶対成し遂げられない、ホント果てしない活動。

 

いろいろワクワクしながら活動している自分がいる。それでいい。前だけ向いていこう

f:id:saijonote:20190702225706j:image

 

久しぶりの5000m

今日は大和練習会。少し筋肉痛が残っている中でどれだけ走れるか。

 

【ラン】

5000mタイムトライアル

up 4キロ down 6キロ

3分54秒 - 3分50秒 - 3分46秒 - 3分40秒 - 3分37秒

18分49秒

 

前半は筋肉痛でうまく走れず。後半、身体が動き出し、ペースを上げて終わる。

中2日にしては上出来かな。

スパトレイル

56キロ出場 5位 6時間29分

 

6月3本目のレース。身体は少し重い。前日ノーランにしたが、さすがにそれでも回復せず。

重要なのは9月なので、今できる走りを。

 

朝5時に、72キロのランナーとともにスタート。前半10キロは、だらだら登る林道。みんな速い。自分はマイペース。

この10キロを終え、下りの林道、ロード、走りやすいトレイルなどを渡り、30キロ地点の野尻湖へ。野尻湖を脇に見て、先に進む。

トレイルは、本当に走りやすいトレイルだった。終始「いいトレイルだなぁ」とつぶやきながら走ってた。

 

下りで後続ランナーに追いつかれ抜かれる。登りで、前に出る、の連続。

100マイル中心でやってると、下りは攻めた走りができず、どうしても丁寧に下ってしまう。いいのやら悪いのやら。たまには短いレースに出ないとなぁ。

 

48キロの最終エイド。8位。まっ、こんなもんでしょ、と思いながら、エイドの蕎麦を堪能し、ゴールへ向かう。

 

ラスト5キロ。ひとり抜く。

ラスト2キロ。さらにひとり、もうひとり抜く。

気づいたら、5位でゴール。

 

56キロは、スパトレイルの走りやすい部分だけのコースだったかなぁ。トレイルを走る楽しさを感じるレースだった。